びん沼川環境まつり

2011年の模様 2012年の模様
 本紙でも紹介したNPO法人ゆめつるせ(富士見市、代表理事小杉武氏)が中心となり、びん沼川の自然環境保全を訴えるイベント「第2回びん沼川環境まつり」を、2011年から毎年開催しているる。

☆目的 旧荒川の一部であるびん沼川は、大正14年から行われた改修工事で沼となって残ったもので、富士見市、川越市、さいたま市にまたがっている。岸辺には貴重な自然が残され、またヘラブナ釣りの名所でもある。ただ、地元、および釣り人を含む訪問者にも、優れた自然環境の地との認識が低く、ゴミ捨てなど環境悪化が従来から問題になっている。
小杉氏率いるゆめつるせは、以前から年3回ほどびん沼の清掃作業をおこなっているが、孤軍奮闘、焼け石に水の状況である。
そこで広く関係者に呼びかけ、びん沼の地で、共同でイベントを開くことで、びん沼の環境のすばらしさ、保全の必要性を知ってもらうことを狙いとする。

実行委員会の懇談会

 ☆主催 南西部生活環境保全連絡実行委員会

代表  小杉武 (NPO法人ゆめつるせ)
副代表 武田侃蔵 (かわごえ環境ネット)
副代表 堀江肇 (舟運・道の会)
副代表 武内 昇 (東上まちづくりフォーラム)

 ☆事務局 NPOゆめつるせ 090-5794-7952
URL         http://www14.ocn.ne.jp/~yturuse/
広告
歴史
東上沿線物語

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました