本田美奈子と白百合幼稚園

本田美奈子.ミュージアム

2005年に38歳の若さで白血病で亡くなった歌手、本田美奈子さんは生涯の大半を朝霞市で過ごした。「本田」の名は近くに工場のあったホンダからとったという。朝霞駅前には歌声が聴けるモニュメント、市内膝折町には写真、遺品などを展示した「本田美奈子.ミュージアム」が開かれている。美奈子さんの出身校は、朝霞第六小、第一中、北区の東京成徳短大付属高校、そして幼稚園は栄町にあった白百合幼稚園である。実は私はかつて栄町に住み、私の息子も白百合幼稚園にお世話になった。栄町といえば、戦後朝霞に米軍基地のあった時代、パンパンと呼ばれた売春婦の町だった。白百合幼稚園は、江川博和先生が栄町のど真ん中に、そうした女性の子どもたちを預かる施設を開いたことに始まる。江川先生が今年2月、お亡くなりになったことを聞き、以前の記事を再掲させていただきます。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました