邪馬台国

 久々に面白い本を読んだ。『日本古代史を科学する』(中田力著、PHP新書)だ。何日か前の読売新聞に関連記事があったので買い求めた。
 著者は脳神経の医師。邪馬台国についての「魏志倭人伝」の記述を、複雑系科学を適用して読み解き、邪馬台国の位置を宮崎j平野と断定する。私の頭ではついていけない部分も多いが、その論理展開は迫力満点、説得的だ。
 私はかつて新聞記者時代に佐賀県吉野ヶ里遺跡の発掘に出くわし、仕事上古代史を扱わなければならない立場に置かれた。その後も興味だけは続き、いくつか本も読んだが、その中で最も心に残ったのは『日本古代正史』(原田常治著)だ。原田氏は婦人生活社の創業者だが、全国の神社の伝承から古代史を推理、邪馬台国の位置を宮崎県の西都原古墳と結論づけている。私はこの本を読み、また天孫降臨関係の場所からも、西都原説を確信していた。
 そして、今回の中田説は、「魏志倭人伝」からも西都原に至ることを証明した。
 異論のある方も多いだろうが、私の少ない経験と、直観からは、西都原に決まりである。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました