神川町

 坂戸市観光協会の研修旅行に参加させていただいた。神川町への1日バス旅行である。
 神川町は、関越を下っていくと寄居より先、本庄児玉インターで下り、群馬県境に近い。今まで「死角」にあたり、今回が初めての訪問である。
 お目当ては、城峯公園の「冬桜」であったが、私が感心したのは、金讃(かなさな)神社の風格、野趣と、ヤマキ醸造であった。
 金讃神社は武蔵二ノ宮だそうで、スケールも大きく、全山ご神体とされる裏山の自然に圧倒される。今回は参拝する時間もなかったが、ぜひもう一度訪れたい。
 ヤマキ醸造は、醤油や味噌を作る工場だが、これも「こんなところに」と驚かされるような、品格を備えた施設だ。説明によると、古くから皇室との関係があるという。
 神川町は、神泉村と合併して今の形になった。流れるのは神流川、神山もある。
 神の里だろうか。すがすがしい、不思議な地域である。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました