田植え

 5月31日の日曜日、富士見市のNPOゆめつるせ(小杉武代表理事)は市内の田んぼで田植えを行いました。同NPOでは毎年市立諏訪小学校の児童に総合学習の一環として田植え・稲刈りの実習を指導しているのですが、今年はコロナ休校でかなわなくなりました。そこで、NPOメンバー、協力者で米作りをすることになりました。
  田の上に目印のロープを張り、等間隔になるように、指で数本の苗を土の中に埋めていきます。私は、農家出身ですが、田植えを間近に見るのはこれが初めて(恥ずかしながら、今回も持病のギックリ腰のため見学だけです)。他の方も初体験の方が多かったのですが、事故もなく作業はそれなりに進みました。この日は前日までの暑さもなく、心地よい風がそよぎ、水がきょらかで、心が洗われるよう、貴重な体験でした。

稲刈りは10月4日に行います。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました