あいアイ美術館

快晴の4月1日、本紙でも取り上げた川越の障害者施設、あいアイ美術館の記念パーティが開かれた。ここは、主に知的障害者に絵を教え、際コーポレーションをはじめ一般就労を実現していることで知られる。挨拶に立った粟田千恵子理事長(写真)は、川越城本丸御殿に近い当地に進出する際、住民に「地価が下がる」と反対された一方、理解ある有志の人が歓迎の署名を集めてくれた経緯などを話した。障害者作品を利用した商品として、新たに贈答用の菓子箱が開発されたことも紹介された。小宮山泰子衆議院議員も来場し、挨拶した。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました