谷津沼

滑川町にある国営武蔵丘陵森林公園。広大な園内を歩くと、ところどころに沼がある。池とか湖というより沼という表現がぴったりの、少しどんよりと濁った水である。川はない丘陵地になぜ沼があるのだろうと、以前から疑問があった。先日、滑川町にある谷津の里という農業体験施設を訪れ、そこで「谷津沼農法を世界農業遺産に申請」というチラシを見つけた。町内に数多い沼は、農業用水を確保するために人工的に作られたため池で、古くから集落形成の基盤になっていた。生きるために自然環境に挑戦しそれを造りかえる人間の営みはすごい。町役場の方にお世話になり、記事を作成した。これからは森林公園の沼を見る目が変わる。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました