武蔵浦和の駅ビル

 所用で武蔵浦和駅の近くを歩いていたら、埼京線のガード下にあるショッピング街の入居店舗名が面白いので覗いてみた。
 1階が「彩食館」という食品フロアなのだが、海産物の北辰、浜作など、対面販売で、あまりSCには出ないような店が並ぶ。おそらく、地域の店も含まれるのだろう。アットホームで親しみも感じられる。魚とお菓子を買い求めたが、非常においしかった。
 ショッピングセンターや駅ビルというと、入居する店は、どこも似たりよったり。特に東上沿線はその傾向が強い。ある程度は成長し、拡張戦略をとっている企業が優先される結果なのだろうが、それだけでは面白みがない。
 店の選択は重要である。この武蔵浦和のガード下店舗は、どこが運営しているのか知らないが、ポリシーがあり、なかなかいい。参考にしてもらいたい。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました