冒険投資家、廃墟投資家

 サンワード貿易という会社がある。FX取引業者だ。私はFXはやらないが、この会社はひんぱんに実質無料に近いセミナーを開き、しかもどれも非常に興味深い。
 7月12日は、冒険投資家、石田和靖氏。石田氏は、中東、アフリカなど世界中を飛び回り、情報提供や投資のガイドなどをされている方だ。最近、特に力を入れているのが、カスピ海に面したアゼルバイジャン。交通の要衝、民族的にも経済的にもトルコに近く、超親日的だそうだ。石田氏は今アゼルバイジャンに最も詳しい日本人のようで、最近『アゼルバイジャン』という本を書かれている。
13日は、「廃墟不動産投資家」村上祐章氏。「廃墟」とは空家のこと。ボロボロの空家を平均10万円でリフォームし、相場の半分の4万円で賃貸し、大家に2万円、自分が2万円もらうというモデル。すでに80棟手掛けているとのこと。同氏は、この分野の先駆け、空家対策として面白い。『常識破りの空家不動産投資術』 の著書がある。
サンワード貿易さんには、このような出会いの機会を与えていただき、感謝している。ちなみに現在、同社が推奨しているのは、高金利で相場も底打ち気配のトルコリラ投資である。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました